Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

男性の場合は、射精を自由にコントロールできるということが必要になってくるでしょう

このトピックの投稿一覧へ

満足 男性の場合は、射精を自由にコントロールできるということが必要になってくるでしょう

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 | 投稿日時 2016-9-1 15:50
シアリス 
当然個人差があります。それは、筋肉の強度に個人差があるためです。それと、筋肉強度と刺激による子宮充血の度合いとのバランスに大きな個人差があるということが大きな問題です。

<イク>という現象は<逝く>という意味、則ち、<死ぬ>という状態を表しています。従来から、オーガズムは小さな死と言われているように、死と同じ脳波の状態になることを示しています。この辺については、サイトの中でも解説していますのでご覧ください。実際の状態としては、女性が自己の耐える得る限界を超えた快感を感じた時(それによって、大きな子宮収縮が発生したとき)、呼吸が一時停止した後、脳波がθ波に転換する(失神状態になる)のが、オーガズム終了の目安になります。ただ、この状態を発生させるには、体調には十分配慮する必要があります。この状態が発生すると、子宮周辺の筋肉は約0.1%強化されます。人間が本来持っている筈の強度に回復させるには、約10〜20%の機能回復が必要と考えられますので、100〜200回の実施(1〜2年の実施)が必要となると考えられます。地道で気長な実行が必要ということです。

テクニックというより、男性の場合も、筋肉強度の問題と言えます。男性の場合は、射精を自由にコントロールできるということが必要になってくるでしょう。これには相当の時間がかかりますので、気長に別途訓練していく必要があります。その間に、マニピュレーションによって、彼女の子宮筋力を強化していくことが肝要です。

どうすれば(どこが)感じるかを探し出すことが必要だと思います。マスターベーションでうまくいかない場合は、やはり、マニピュレーションを実施する必要があるでしょう。マニピュレーションでは、主要な性感感受部分の刺激(クリトリスとその周辺、膣口の開閉、Gスポットの刺激)を同時に行うので総合効果を期待できます。マスターベーションが必要な理由は、自己の耐性限界を確認できるということにあります。併用するのがいいのではないかと思います。マスターベーションで限界を確認し、マニピュレーションで更に大きな快感を与えて終了させるという手順です。

★男性の勃起力 本物のシアリス
シアリス
★効果抜群!勃起力UP!注目の精力剤
巨人倍増
★男性ホルモンの回復、早漏防止?改善
三便宝
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


検索
XOOPS Cube PROJECT
Powered by OFFICE-NOGUCHI XOOPS Cube Project