Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

韓国ドラマ- 白夜姫 -企画意図

このトピックの投稿一覧へ

報告 韓国ドラマ- 白夜姫 -企画意図

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17 .18 | 投稿日時 2016-7-29 18:08
vichine  長老   投稿数: 204
一本のドラマでこんなに多くの人が亡くなるのだろうか?
MBCのドラマ「白夜姫」を見た視聴者は同じことを思った。作家イム・ソンハンの前作であるMBC「オーロラ姫」では、降板説という言葉が出回るほど登場人物たちが排除される場面が続いた。何か死の儀式でもしているんじゃないか、と思うほど多かった。そのため、ニュースで「白夜姫」が取り上げられると、流行語のように「今回は何人排除されるんだと」と皆口をそろえた。


実際にドラマ序盤から登場人物が排除される。白夜(パク・ハナ)の兄役のペク・ヨンジュン(シム・ヒョンタク)は、交通事故で突然亡くなり、白夜の夫だったチョ・ナダン(キム・ミンス)所長は、結婚式の日に虚しくこの世を去った。


さて、この辺で整理してみよう。自分を捨てた実の母のために復讐の感情を最高潮に引き上げるために、兄の死は必ず必要だったとしよう。そして白夜がチョン・ファオム(カン・ウンタク)と繋がるために、チョ・ナダン所長の死も必要だったとしておこう。そう、ここまではそうだったとしよう。


しかし、白夜の自害シーンは絶対に必要だったのだろうか?ドラマの終盤を迎え、白夜はこの世を去る前に周りの人々に会い、1つ1つ整理していく場面から、自害するために海に入り遺書が発見されるまでが、ほぼ今週のストーリーだった。


幅広い年代の視聴者がTVの前に座っている時間に、自害という極端なシーンが絶対に必要だっただろうか? それも1、2シーンで自害を匂わせて別のシーンに移るでもなく、ディテールまでリアルに描く必要はあったのか。


自害したにも関わらず、白夜は生きている。ネタバレの台本でも見たのかって?そうではない、当然生きている。白夜は命を落としたのではなく、遺書を書いておいてどこか遠くに行ってしまったのか、いや、それも違う。と、ネティズン捜査隊たちの意見は割れている。


もちろん、今後どうなるのか、そこまでは分からない。それなのに、白夜が生きていることをなんで知っているのか?と聞かれたら '白夜姫の企画意図を見てほしい。何の説明もなく、たった1行の不親切な(?)企画意図が本当に1行だけ書かれている。


白夜とチャン・ファオム2人の姿の上に”私たちの特別な出会いは運命だと信じます”と。ファオムの家族たちの反対を押し切るために、作家が強引に自害という極端な方法を選択したのであり、実は生きていてファオムと白夜が結局運命のように結ばれたのではないだろうか!


そもそも、”白夜姫は、結果的に白夜とファオムが結ばれることを前提にしており、そうなるように色んな場面にシを盛り込んでいるのだ。ネティズン捜査隊の言葉の通り、自殺で偽装してどこかへ行ってしまった可能性もあるし、自害をしたが生きている可能性もあるし、可能性は色々だ!


ただ1つだけ、確実に生きているということだ。何話か終わり、どこかできっと白夜はじゃーん!と登場するはずだ。そうしないとファオムと白夜が絶対に結ばれることが出来ないからだ。明らかに生きているはずなので、自害した前提のストーリーで今後何話持つのか、というのは気になるところだ。

http://www.huntfordvd.com/goddess-of-fire-20532.html[img]http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=VeR0DDMXyLG536Z0MkQ_Xxb8fJgaiuKgqwRIKSTt_U8kIpxIE.pEu0.PE7TDuOOLXUP4HGmNr42eB9KAGxOwyihkazyXhaAxgyWES2PVV_PUdfAoZcMLw992M2X2QOkKzHYsI0JG5AvvCTUeWg--&sig=138itca6a&x=210&y=240[/img]
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


検索
XOOPS Cube PROJECT
Powered by OFFICE-NOGUCHI XOOPS Cube Project