Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

ゴルフの心理学

このトピックの投稿一覧へ

通常 ゴルフの心理学

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 | 投稿日時 2015-3-26 15:12
golfball  新米   投稿数: 2
調子の良い日と悪い日、その日の体調や 自分のゴルフXXIO8 アイアン9本セットの実力とは かなり違った (場合によっては、不可解とさえ感じられる) 結果になることがある。普段なら こんな失敗はしないのに、何故 今日はと思う日があったかと思うと、やる事が ことごとく上手く行って ベスト・スコア 更新 という日もある。しかし、何故、そうしたことが起きるのかは 良く分からないものだ。

一方、不安や ちょっとした違和感が プレーと その結果に大きな悪影響を及ぼすことは誰もが気付いているだろうし、他方で、自信がある時や無心でプレーが出来た時は それが結果に好影響を及ぼすことも分かっているだろう。しかし、そうした不安や違和感と どのように向き合うべきか、また、どうしたら無心で プレー出来るのか といったことを 貴方は真剣に考えたことがあるだろうか。ここでは そうした心のコントロールのメカニズムについて理解を深め、好ましいゴルフの思考法というものについて考えてみたい。そこで、まずは右のダイアグラムを見て欲しい。

最大のテーマは 自信を持つこと、不安を解消すること、そして、ショットやパットに集中することである。このパットを外したらなどということを考えたら、絶対に良い結果にはつながらない。むしろ、このパットを どう入れようか といった考え方をすべきで、それに適した目標を設定すべきである。外してしまうことが頭を過ぎった時のパットでは カップ右のエッジを狙って ホールを 30センチ オーバーするスピードで打とう と言うような (入れようという目標ではない) 目標設定の仕方が効果的で パットを外すのではないかという不安を払拭する特効薬になるはずだ。

ショットにおいても、フェアウェイ・センターより右 10ヤードの方向に打ち出し、フェアウェイ・センターに落ちるイメージのボールを 確り打とうとか、グリーンの左サイドに高いボールJPX850 フォージド アイアンで落とそうなど、仮に必ずしもそうならなくても良い場合でも、出来る限り具体的でポジティブなイメージを作り、打つべきショットを目標に設定して、それに集中することである。片側に OBや池など打ちたくない場所があっても、左サイドに外さないようにとか、右に引っ掛けないように という目標設定は 極力 避けるべきだ。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


検索
XOOPS Cube PROJECT
Powered by OFFICE-NOGUCHI XOOPS Cube Project