Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

チタンとマンモス

このトピックの投稿一覧へ

なし チタンとマンモス

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2013-11-30 11:54
workgoon  新米   投稿数: 12

チタンとマンモス
チタン金属は、宇宙の工学の上で(中)の欠けることができる先進材料にないとして金属を超えて活発にさせています。強さ・耐食性・耐久性のすばらしいこの性質、行為のそれぞれ手続きどうぞ登録の正式の印鑑のためにとっても欠けてはいけない印鑑の材料は最も適合します。

プリズムのチタン金属の表面の錆、指先の脂肪と水分を通して、汚いなどの・・触れて着いて、並ぶプリズムがくねくねしていて(着く)さまざまな方向にあります。 当然で、くねくねしているによって、初めの輝きから、ゆっくりとあでやかなように見えます。
しかし、もしガソリンとアルコールのなどの家庭の手に入れる酒係の溶剤でならば拭いていって、たいへんきれいになった初めの輝きを持って帰ることができます。
使った後に、再度くねくねしている整理させられた現像したのは元に戻して同時に面の朱の色の印肉のを印刷するのに拭いていって、体一部もしならば拭いて、はんこ印鑑を期待することができます。

今から約9000年〜10万年余り前の氷河期時代氷点の下で50度以下の厳しい環境の生活するマンモス。so のマンモスのむき出した牙今、長い時行為を経て印鑑の材料を刻んで蘇りました。マンモスの牙はロシア・ユーコン・アラスカ・シベリア等で数多く発掘されています。マンモ スの肩高は4メートルほど、体毛は赤褐色で長く、牙(きば)は長大です。更新世にヨーロッパ・アジア・北アメリカ・アフリカで栄えました。シベリアなどで 凍土から発見されています。その牙から作られた印材です。

マンモス、シベリアの方言mamant(住む中のもの)から転換したと思われます。洪で世の時代の巨大な象のを積んで、全身かびが生えるで、3〜4mのくねくねしている巨大なむき出した牙の特徴をしっかりかぶせられるのです。ロシア・カナダ・ヨーロッパのなどの地区から出土します。既に絶滅した生物の牙から実印印材に適した僅かな部分を使っておりますので、大変貴重な一品です。

きれいに洗って、天然物としてなくにくいためです。水で洗うことができて、でも、あの時きれいに乾く布で水分に取りを拭いていって、もしも日陰のか所し(直接射し込む日光をよける)の状態の汚れで、ほこりはきれいに取り除きます。もしも普通はもしも光沢を取り出したいのだと思って、ぬれる布でほこりに拭いていって、それ以後、家庭にある白い色の光沢剤(ワッ クス)で磨かれた後、布のきれいな部分で軽くこすられたら輝きは戻ります。
大切に保存することにより一生お使いいただける印鑑材料です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


検索
XOOPS Cube PROJECT
Powered by OFFICE-NOGUCHI XOOPS Cube Project