Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

返信する: 年末調整



オプション

参照

視聴率9.0%「ヒーラー」放送終了、ソ・ジョンフは悪の根源
投稿者: anna00 投稿日時: 2015-3-24 14:55
10日に韓国で放送された「ヒーラー DVD」最終回では、愛と仕事の両方とも成功し、一般人のように平凡にチェ・ヨンシン(パク・ミニョン)と一緒に笑うソ・ジョンフ(チ・チャンウク)の姿が描かれた。いつも一人でいた屋上で、いつも一人で飲んでいたビールを分けて飲みながらチェ・ヨンシンと幸せそうにキスをする姿を見せることで、確執の状況がこれ以上ない形で完璧に解消され、文句のつけどころのないハッピーエンディングとなった。

この日、ソ・ジョンフは悪の根源であるおじさん(チェ・ジョンウォン)を倒すために、しばらく彼の味方を装っていた。キム・ムンホ(ユ・ジテ)とチェ・ヨンシンの命がけの生放送は、ソ・ジョンフとチョ・ミンジャ(キム・ミギョン)の最後のヒーラーとしての任務の中で緊迫して流れ、ソ・ジョンフの熱演が加わり最終的に成功した。彼らはおじさんの汚職を全国に生放送で伝え、世の中に小さな変化をもたらすことで任務を完了した。

政治や社会の正義とは関係なく生きていたソ・ジョンフ、チェ・ヨンシンが、親世代から受け継いだ世の中と対決しながら自身と世の中を癒していく姿を描いた「ヒーラー」は、最後までスピーディな展開で緊張感を維持した。過去と現在を行き来するドラマの構成だけでなく、どんでん返しが毎回の緊張感を高めた「ヒーラー」は、20部作の中で起きた事件が積み重なり、最終回で頂点に達した。小さな力を持つ全ての人物が力を合わせ、常識に従って動かなかった巨大な悪を倒す姿は、視聴者にカタルシス(開放感)を与えた。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、10日に韓国で放送された「ヒーラー」最終回は視聴率9.0%(以下、全国基準)を記録した。9日に放送された第19話の視聴率7.9%より1.1%上昇した数値だが、同時間帯のドラマの中で最も低い成績となった。

同時間帯に放送されたSBS「パンチ DVD」は11.9%で月火ドラマの1位を記録し、MBC「輝いたり、狂ったり」は11.0%を記録して2位の座をキープした。
検索
XOOPS Cube PROJECT
Powered by OFFICE-NOGUCHI XOOPS Cube Project