Welcome Guest 
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

返信する: 労務管理の相談



オプション

参照

認印と銀行印の兼用は避ける
投稿者: workgoon 投稿日時: 2014-1-24 15:10
認印と銀行印の兼用は避ける
とても早い前から、実印は銀行印と言われて別れる印鑑を使うべきです。それは一重に対して、安全な方面を考慮するのがそうにたいためです。同じ印鑑でいわゆる実印と銀行印をやり終わって、もしも盗難にあってあるかなくす時ひどい事になります。

実印と銀行印でと、どちらに自分の財産とすべて重要な印鑑に関係するのがあります。実印が大きいのを締結して買い物をする時、契約書などの時使います。かつ銀行印、貯金と預金する引き出し、送金などの時に必要に始めます。
どちらにお金とすべて印鑑通販に関係するのがあるため、もしも盗むにこれはなくされて、自分のが害を受けるに向ってすべて必ず大きくならなければならなくて、再度登録する時政府機関とに対して金融機関に対して申告して聞くところによるとになって、(着く)が2重だに事に面倒をかけます。

単に安全から方面を見に来て、いっしょに2つのはんこ通販印鑑をもつぶすのが最上の策が分かるのではありません。ただ一本の印鑑をなくすので、もしも大きいのが害を受けてと2重また登録するのに必要になって、確かに蹴ったり,けったりします。
そのようにならないで、実印は銀行印とものに別れるつもりで、実印はよく自分の家で管理して、ふだん同じくなくさないでやはり(それとも)身につけて携帯しないできます。

銀行印の回数の高い(高い)を使う人もあって、身につけて携帯する取り分に対して気にかけないで、でも、いいかげんに使わない人、正式のはんこ印鑑の別れている場所と重要に前もって保管するのが良くなりました。
…もある、よく兼ねて印鑑と銀行印の人であって、でももしも知っていて、罪を犯す印鑑と銀行印のが兼ねてもよけるで非の打ち所がないと言うことができるのを防止します。
情報がどこの中からなぜかというと明らかではないことが現れて濫用を招いて、注意します。
検索
XOOPS Cube PROJECT
Powered by OFFICE-NOGUCHI XOOPS Cube Project